中国の通信機器大手ZTE社、携帯電話キャリア向け電子書籍クラウドサービスに追加投資

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Bloombergの11月22日付けの報道によると、中国の通信機器大手ZTE Corporation社(本社:中国・広東省)が、同国の携帯電話キャリア第2位のChina Unicom社(本社:中国・香港)の電子書籍サービス「WoReading」のホスティングセンターを拡張するため、20億人民元(約242億円)の追加投資を行なうとのこと。

 記事によると、ZTE社はChina Unicom社の電子書籍サービスのバックエンドを受託しているが、今回のセンター拡張に伴い現在300名のスタッフ数を1000名に拡大する。ZTE社は、日本でもWiFiモデムなど通信機器ハードウェアメーカーとして有名だが、今後グループ売上の1/3をクラウドサービスで補いたいと考えており、今回の追加投資もその戦略転換の一環である模様。【hon.jp】

問合せ先:米Bloombergの報道( http://www.bloomberg.com/news/2011-11-22/zte-plans-314-million-internet-center-for-china-unicom-s-e-books-service.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事&広告