米Barnes & Noble社、電子書籍タブレット「Nook」シリーズに中国メーカー製の低価格7型モデルを投入か

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)がクリスマス商戦向けに、電子書籍タブレット「Nook」シリーズに低価格モデルを近日投入する可能性が高いとのこと。

 タブレット型Nookシリーズは、2014年から韓国Samsung製のAndroidタブレットのカスタマイズ版に完全移行しており、自社のNookビューワアプリに加え、複数有名誌のバックナンバーを同梱。全米のBarnes & Noble店舗でも販売されている。しかし、今回FCC申請で明らかとなったのは中国の中堅家電メーカーであるJingwah Electronics社(本社:中国・広東省)のもので、スペック的にAmazon社の50ドルタブレット「Fire」と同等のスペックになっている。

 本タブレットが自社Barnes & Nobleブランドで発売されるのか、Samsung同様にメーカー側ブランドで発売されるのか、詳細はまだ不明とのこと。【hon.jp】

The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2016/10/28/new-barnes-noble-nook-tablet-leaked-fcc/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ