シンガポールの携帯電話キャリア最大手SingTel、EPUB電子書籍販売サービス「skoob」をスタート

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】東南アジア圏で4億人近いユーザーを持つ携帯電話キャリア大手Singapore Telecommunications社(本社:シンガポール、以後:SingTel)は現地時間の11月15日、電子書籍販売サービス「skoob」を開始した。

 skoobはPC/Mac/iPhone/Android向け電子書籍販売サイトで、DRM付きEPUB形式で作品を販売。プレスリリースによると、skoobでは地元の出版社に加え、米英の大手出版社のほとんどと契約し、バックエンドは英国の電子書籍プラットフォーム会社Mobcast(本社:英国ロンドン市)が担当。オープン当初は著作権法の関係でシンガポール国内のみをターゲットとし、英文の小説・教育書が中心。今後は、オーストラリア等々のSingTel系列携帯電話会社ユーザーへの提供や、中華系ユーザーのために中国語圏の出版社とも提携を進めていきたいとのこと。

 なお、iPhone/Android向けアプリも同時に公開されている。【hon.jp】

問合せ先:skoobのPC版サイト( http://www.skoob.com.sg/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /