オトバンクと東京ガスの共同開発、音で遊べる絵本アプリ「みいみ」リリース

みんみ
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社オトバンクが12月19日、東京ガス株式会社との共同開発により、音で遊べる絵本アプリ「みいみ」をリリースした。

 「みいみ」は親子のコミュニケーションをサポートし、音で遊べて“本がもっと好きになる”をコンセプトにしている。声優やナレーターによる約50点の絵本や児童書の朗読を楽しんだり、登場人物のセリフの一部を自分で吹き替えたり、吹き替えた作品の保存もできる。親から子への読み聞かせ以外の、新たな絵本の楽しみ方を提案している。

 リリース時には、AndroidとiOSのアプリで提供され、利用には会員登録が必要。利用料は月額500円(税込)で、利用開始から1カ月間は無料ですべての機能・すべての絵本が楽しめる。『絵本 はなちゃんのみそ汁』『レッツとネコさん』(講談社)のほか、名作童話や昔ばなしが配信される。また、『おさるのまいにち』『サラとピンキー パリへ行く』なども近日配信予定とのこと。

 オトバンクと東京ガスは2017年7月から、入浴時にオーディオブックを楽しむ「Furomimi」を提供しており、2018年11月には資本提携を実施している(記事)。今回の「みいみ」は、両社による音と生活の取り組みの第2弾となる。

参考リンク

「みんみ」公式サイト
https://miimi-app.jp/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 523 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)。アイコンは©鈴木みそ氏
タグ: / /

関連記事&広告