定例研究会「ジャパンサーチの課題と展望」9月24日東京で開催(永崎研宣/大向一輝ほか/デジタルアーカイブ学会)

デジタルアーカイブ学会
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 デジタルアーカイブ学会は9月24日、東京都文京区の東京大学本郷キャンパスにて定例研究会「ジャパンサーチの課題と展望」を開催する。永崎研宣氏(一般財団法人人文情報学研究所)や大向一輝氏(国立情報学研究所)など。

イベント概要

日時

2019年9月24日(火)13時から17時30分

場所

東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス
工学部2号館 9F 92b教室(地図

内容

 「国の分野横断統合ポータル」であるジャパンサーチは、大きな期待のなかで、2019年2月から試行版の運用が開始された。このジャパンサーチは、日本の知的情報の基盤として、多様な主体が参加し、育てていくポータルである。そこで、試行版の評価や2020年に運用開始が予定されている正式版への期待・改善点の指摘などの議論を、デジタルアーカイブ研究の観点から実施する。各方面からの積極的な参加と、忌憚ない意見交換を希望する。

第1部 ジャパンサーチ試行版の評価
仕組み・社会的位置づけの観点から(13時から13時30分)

永崎研宣氏(一般財団法人人文情報学研究所)

システム構成の観点から(13時30分から14時)

大向一輝氏(国立情報学研究所)

第2部 ジャパンサーチ正式版への期待(14時15分から15時15分)

大井将生氏(元千葉県高等学校教諭・東京大学院生)
岡田一祐氏(国文学研究資料館)
坂井千晶氏(前アイオワ大学図書館司書)
佐久間大輔氏(大阪自然史博物館)
松澤有三氏(インディゴ)
諸田和幸氏(伊那市地域おこし協力隊・高遠ぶらり事務所)

第3部 ディスカッション(15時30分から17時30分)

司会:福島幸宏氏(東京大学大学院情報学環)

(※終了後、18時から近郊のレストラン・ルヴェソンヴェール本郷にて情報交換会)

参加費

一般 1000円
デジタルアーカイブ学会会員 無料

(※情報交換会は会費6000円)

主催

デジタルアーカイブ学会

参加申込み

デジタルアーカイブ学会公式ページより
http://digitalarchivejapan.org/reikai/teirei-07

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 396 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
1000
タグ: / / / / / / / / / /

関連コンテンツ