閉店予定だった「パブー」を「MyISBN」のデザインエッグが事業譲受

パブー
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 デザインエッグ株式会社は9月2日、大日本印刷グループの株式会社トゥ・ディファクトが運営する電子書籍の作成・販売サービス「パブー」を、9月30日をもって事業譲受することに合意したことを発表した。パブーは4月に、9月30日での閉店予定を発表していたが、デザインエッグが事業継承することにより、存続することになった。

 なお、事業譲受に伴い、サービス運営に関し以下の影響が出ることが発表されている。

  • 楽天Koboへの外部ストア提供が一旦終了
  • 連載機能の提供終了を予定
  • ISBNを付与した紙本出版機能の提供予定
  • アマゾンでの紙本販売予定

 パブーは、ブログと同じインターフェースにより誰でも電子書籍の作成・販売を簡単にできるサービスとして、2010年6月にサービス開始(記事)。当初は株式会社paperboy&co.(現GMOペパボ)が運営していた。

 2012年6月に、パブーと「ブクログ」が株式会社ブクログとして分社化。2016年1月に全株式をブックオフコーポレーション株式会社に譲渡。2016年10月にパブーのみ、大日本印刷グループの株式会社トゥ・ディファクトへ事業継承された。

 2019年4月に閉店予定が発表(記事)、6月30日に新規作品の作成・公開や新規会員登録が停止される予定とされていたが、6月21日に「諸般の事情により、当面の間、継続することとなりました」というお知らせが出ていた。閉店予定の発表直後から、事業継承の交渉が進められていたようだ。

 デザインエッグ代表の佐田幸宏氏は公式サイトのお知らせで、パブーの事業を継承した理由について「起業わずか15日後に二番煎じになってしまった悔しさ」「起業直後の自分たちをあっという間に抜き去ったパブーというサービスを、自分たちの手で更に成長させることができるとすればこんなに嬉しいことはありません」と語っている。

参考リンク

プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/191846
パブーの運営を引き継いだ理由 – デザインエッグ株式会社
https://designegg.co.jp/2019/09/puboo/
【重要】サービス運営会社変更のお知らせ – パブー
http://p.booklog.jp/book/385/page/3673334/

noteで書く

広告

About 鷹野凌 300 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

2
コメントする

avatar
1000
1 コメントスレッド
1 スレッドの返信
0 フォロワー
 
最も反応のあるコメント
最もホットなコメントスレッド
最新順 古い順 最も投票された
munieru_jp
Guest

パブーのURLが間違っているようです(再投稿などで変わってしまったのかもしれません)。
現在は以下のURLで閲覧できます。
http://p.booklog.jp/book/385/page/3673752

タグ: / / / / / /

関連コンテンツ