多忙な経営者向け原稿執筆・出版工程代行サービス「えんぴつプレス」が提供開始 ~ MyISBNのデザインエッグによる新サービス

えんぴつプレス
えんぴつプレス

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 デザインエッグ株式会社は5月15日、プリント・オン・デマンド(POD)で紙の本が出版できる「MyISBN」の新サービスとして、執筆代行や編集・表紙デザインなどのメニューを追加した新プラン「えんぴつプレス」の提供を開始した。

 えんぴつプレスは、原稿の執筆時間や自費出版に関する工程が短縮できるサービス。これまで提供されてきた自己出版サービス MyISBN では、会社経営者からの問い合わせが多いのに対し、出版に至るケースが少ないことに着目。多忙な経営者に向け、原稿の執筆や出版工程などを代行するサービスとして開始された。

 えんぴつプレスでは、紙の本と電子書籍を出版できる。PODを用いた受注生産で在庫リスクがなく、出版取次を介さないためコストを下げられる。印税は、紙の本はモノクロ・カラーどちらも10%、電子書籍は35%から75%。出金額3000円以上ならアマゾンギフト券で、1万円以上なら銀行振込で指定の口座に振り込まれる。

 サービス内容によって3つのプランがある。ダイヤモンドプランは48万4980円で、企画のみで原稿が必要なく、800字以上のプロットやあらすじを提出した後、ChatWork のチャットツールやビデオ会議システムを使用し、ライターや編集者と連絡を取り合うことで原稿の執筆が代行される。

 プレミアムプランは8万4980円で、デジタルデータの原稿が必要だが、表紙のデザインや本文の印刷用データ作成といった出版工程が代行される。スタンダードプランは4980円で、これまで提供されてきた MyISBN と同様、ISBN の取得、国会図書館への献本、アマゾンへの書籍登録などが行われる。上位プランは下位プランの内容をすべて含む。

参考リンク

えんぴつプレス公式サイト
https://enpitsu-press.com/
プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/183657

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About 小桜店子 8 Articles
1994年茨城県生まれ。栃木県出身。出版社でのムック編集を経て、現在はフリーランスに。学生時代『月刊群雛』に影響を受け電子雑誌を創刊、編集長を務めていた。

コメントする

avatar
400
タグ: / / /

関連記事