インプレスR&D「著者向けPOD出版サービス」がアマゾンでの累計販売額1億円突破

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 株式会社インプレスR&Dは2月20日、同社が提供する個人向け出版販売支援サービス「著者向けPOD出版サービス」を通じた Amazon.co.jp での累計販売額が、1億円を突破したことを発表した。2016年10月のサービス開始から、2年4カ月での大台達成となる。

 著者向けPOD出版サービスは、印刷可能なPDFファイルを用意すれば、だれでも Amazon.co.jp で紙の本が出版できる、個人向けの出版販売支援サービス。Amazon POD(プリント・オン・デマンド)サービスを利用し、注文が入った時点で1冊ずつ印刷製本して出荷する。

 登録料やランニングの使用料はかからず、在庫も持たないため、初回出版時の費用負担をゼロにできる点が大きな特徴。実際に売れたとき、販売価格×40%の手数料と印刷費を差し引いた額がユーザーへ支払われる。販売価格は、販売価格×40%+印刷費(最低価格)を上回る額であれば、1円単位で自由に設定できる。

 著者向けPOD出版サービスで出版された本は「NextPublishing Authors Press」ブランドでの販売となる。登録ユーザー数は1200名超、出版点数は950点(2月18日時点)。2018年に100万円以上の販売実績がある本は、15タイトルに達している。

参考リンク

インプレスR&Dのプレスリリース
https://www.impressrd.jp/news/190220/NP
著者向けPOD出版サービス
https://nextpublishing.jp/author/

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 187 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

米アマゾンが自閉症のニセ科学本を削除  アマゾンが第三業者による「マーケットプレイス」から、自閉症治癒として非科学的な療法を掲げた本を削除したと、NBCなどの米マスコミが伝えている。  二酸化塩素の効果で191人の子どもが治ったなどとする「Healing the Symptoms Known as Autism(自閉症の症状を治す...
アマゾンが全米のポップアップ店を閉鎖、書店は引き続きオープン  アマゾンがここ数年間で米国内に87店舗オープンした小規模のポップアップ小売店を、すべて閉めることにしたとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。  キオスクとも呼ばれるこのポップアップ店は、いずれも床面積数十平方メートルの規模で、アマゾン製のスマートスピーカー、タブレット、キンドル用E...
アマゾン、子供向け定額サービス「Amazon FreeTime Unlimited」を日本向けにも提供開始 ~ 2年間破損故障無償取替対応「Amazon Fire HD 8 キッズモデル」も販売開始...  アマゾンジャパン合同会社は3月7日、3歳から12歳の子供を対象としたさまざまなコンテンツを定額で楽しめる「Amazon FreeTime Unlimited」のサービス開始を発表した。また同時に、破損や故障した場合でも購入から2年間は無償取替に対応するタブレット「Amazon Fire HD 8 ...
オリジナル作品展示即売会「COMITIA127」企業ブースのフォトレポート  コミティア実行委員会は東京ビッグサイトで2月17日、オリジナル作品の展示即売会「COMITIA127」を開催した。上図のような出版社などによる出張マンガ編集部が111誌(媒体)持ち込みを受け付けていたほか、企業ブースの出展も27カ所、クリエイター向けのさまざまなサービスが紹介されていた。本稿ではデ...
【ニュース解説】アマゾンはニューヨークのどこを見誤ったのか?  ニューヨークは摩天楼の立ち並ぶマンハッタンから、東に川を渡ったクィーンズ区に広々とした「キャンパス」と呼ばれる第2本社を建て、2万5000人分の雇用を作り出すと謳い、“ビッグアップル”に乗り込もうとしたアマゾン。思わぬ抗議運動に尻込みし、計画を断念した。  アマゾンといえば、流通倉庫での労働...