ニューヨーク・コミコンに続く第2回アニメNYCコンベンションの報告

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

[この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。]

 アジア発のアニメやマンガ業界のコンベンションである Anime NYC が、11月16日から18日にかけてニューヨーク市内最大のコンベンション会場ジャヴィッツ・センターで行われた。初回よりも展示面積が拡大、入場者も増加した。

 Anime NYC創業者ピーター・タタラ氏は、去年の1万5000人よりもかなり多い3万6000人の参加があり、のべ人数は5万を超えたと話す。出展社数も増え、日本からはヴィズ・メディア、ヴァーティカル・コミックス講談社も参加し、Yen Pressといったアメリカ勢に加えて、韓国の Manhwa(マンガ)出版社である TappyToon を含む約220社が参加した。

 ニューヨーク Comic-Con(コミコン)と同時期に開催された Anime Fest @ NYCC から1ヶ月ほどしか経っていないが、参加者は商品の売れ行きに手応えを感じたようで、来年は11月15日から17日に、さらに展示面積を拡大して開催するという。

参考リンク

米業界誌パブリッシャーズ・ウィークリーの記事
https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/comics/article/78646-anime-nyc-2018-attracts-36-000-fans-to-javits-center.html
コミックファン向けサイト、Multiversity Comicsの記事
http://www.multiversitycomics.com/news/anime-nyc-2018/

About 大原ケイ 92 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。