米ウォルマートが対アマゾン戦略で楽天Koboと提携しEブック販売を拡大

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 世界最大の量販店チェーン、ウォルマートが楽天のコボと提携して「Walmart eBooks by Rakuten Kobo」というEブックサイトを立ち上げた。これでアマゾンのキンドルサービスに対抗しうる、600万規模のタイトル数を揃え、Eブック貸出サービスやオーディオブックの定期購読にも着手すると、ニュースポータル、「デジタル・トレンズ」が伝えている。

 新サービスに加え、これまで通り全3500店あるウォルマートの実店舗で、新発売となったコボのEリーダーデバイス、Clara HDや耐水性を謳ったAura Oneも引き続き販売する上、デバイスがなくともサイトでコボのアプリを使えばEブックが読める。

 オーディオブックのサービスでは月額9.99ドルで1冊のオーディオブックをダウンロードできる。現在コボの機種にはオーディオブックが聞ける機能はついていないが、これから発売になる2世代目のAura Oneで可能になるのでは、とEブックニュースサイトのGood eReaderが予測している。

 その一方でコボの3新機種(Aura H2O Edition, Kobo Aura Edition 2, Kobo ClaraHD)にOverDriveを通して、地元の公立図書館からEブックを借りられる機能がついた。OverDriveと提携している図書館の貸出カードとコボがあれば、その場で登録でき、本が欲しければそのままEブック版を購入できる。

参考リンク

Digital Trendsの記事
https://www.digitaltrends.com/mobile/walmart-ebooks-by-rakuten-kobo-launch/
Good eReaderの記事
https://goodereader.com/blog/electronic-readers/here-is-everything-you-need-to-know-about-kobo-at-walmart-in-the-us
OverDriveに関するGood eReaderの記事
https://goodereader.com/blog/electronic-readers/you-can-now-borrow-overdrive-ebooks-on-all-kobo-e-readers

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

アプリ決済「楽天ペイ」が全国の丸善ジュンク堂書店へ導入  楽天株式会社は12月6日、同社が運営するスマートフォンアプリによる決済サービス「楽天ペイ」が、株式会社丸善ジュンク堂書店が運営する全国73店舗の書店へ導入されたことを発表した。  楽天ペイは、スマートフォンアプリで支払いができるサービス。レジでの会計時に楽天ペイアプリのバーコードを提示、読み...
デジタル図書館貸出カードはアメリカの非識字率低下に貢献できるか  アメリカでは1億6000万人が図書館貸出カードを持っておらず、1600万人が字を読めず、その根幹にあるのは収入格差問題だと指摘されている。ひとつの対策として、オーバードライブ社が手がける Instant Digital Card プログラムでは、この15ヶ月間で6万5000人のユーザーを獲得したと...
第20回図書館総合展が開催 ~ 展示会場フォトレポート  図書館総合展運営委員会は10月30日から11月1日まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で「第20回図書館総合展」を開催している。企画・運営は株式会社カルチャー・ジャパン(JCC)。本稿では展示会の様子を電子図書館関係を中心に写真でレポートする。 丸善雄松堂の電子図書館サービス「Maruz...
楽天Kobo、8型で見開き表示が可能となる電子ペーパー端末「Kobo Forma」の予約受付を開始 ~ 販売開始は10月24日から...  楽天グループのRakuten Kobo Inc.は10月3日、新型電子ペーパー端末「Kobo Forma(コボ フォルマ)」の予約受付を開始した。国内販売開始は10月24日を予定している。Koboシリーズ最大の8インチ画面で見開き表示が可能であるほか、ページめくり物理ボタンを搭載しているのも特徴。...
電流協、電子図書館を導入している公共図書館78館の一覧を発表  一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は8月31日、有料で販売されている電子書籍を無料で貸出するタイプの電子図書館サービスを導入している自治体の公共図書館一覧を公表した。今後は電流協公式サイトにて、年4回程度の頻度で定期更新していく予定とのこと。  電流協によると、2018年...