楽天Koboが米ウォルマートと提携、今月からEブックとオーディオブックを販売開始

 全米一の量販店チェーン、ウォルマートが楽天とこの1月に発表していた、オンラインショップをリニューアル。ネットコミュニティー「StreetLib」のニュースレターでは、今月21日からウェブサイトでEブックとオーディオブックの販売を開始するとされている。

 1月の発表では、2018年第3四半期から日本で食料品のオンライン宅配サービスを開始するとともに、今年後半にウォルマートのサイトでEブックやオーディオブックが買えるようになる予定だった。

 Eブック市場の動向を伝える「Good e-Reader」のマイケル・コズロースキー記者は、全米では現在、Eブックは全書籍の17%に当たる4億9000万ドルの売上があるが、5年前の23%から失速して来ている一方で、最近の四半期にオンラインの売上を50%も伸ばしているウォルマートが、どのようにEブック販売を展開していくのかと疑問を投げかけている。

 現在、ウォルマートのリアル店舗ではアマゾンのキンドルの販売を停止して以来、Eリーダーの販売はしていないので、コボと組んでデバイスを売り出し、オンラインでEブックやオーディオブックを提供すれば利益を上げられるだろうとしている。

関連リンク

Good e-Reader記事
https://goodereader.com/blog/electronic-readers/kobo-e-readers-will-be-in-us-walmart-stores-in-august
ウォルマート/楽天のプレスリリース(1月)
https://news.walmart.com/2018/01/26/walmart-and-rakuten-announce-new-strategic-alliance

投稿者: 大原ケイ

NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。