昨年オープンした電子書籍ストア「Rakuten Kobo」の台湾版、繁体字作品が3万点を突破

【編集部記事】台湾の「創業新聞」サイトが、昨年9月に電子書籍ベンダーRakuten Kobo社(本社:カナダ・オンタリオ州)がオープンした台湾版ストアの現況について、担当者インタビューを掲載した。

 台湾には以前から独立系の電子書籍ストアが複数存在するが、Amazon社やApple社はまだ参入していない。台湾版Koboでは、昨年9月オープン時点、現地作品(繁体字)は数千タイトルからスタートさせ、簡体字や洋書のラインナップが中心となっていた。インタビュー記事によると、繁体字作品が、ようやく3万点を突破した模様。【hon.jp】

問合せ先:創業新聞サイトの記事( https://meet.bnext.com.tw/articles/view/41270

【PR】配信中の無料作品【テスト中】