中国・掌閲科技、100万人民元をかけ名作「囲城」を電子書籍化・独占販売へ

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、中国の電子書籍ストア・電子書籍端末ベンダーの掌閲科技(本社:中国北京市)が、20世紀の中国文学の名作「囲城」(著:銭鍾書)の電子書籍化およびその独占販売について、出版元である人民文学出版社と契約した模様。

 同著は日中戦争勃発直前の1930年代を舞台としたシニカルコメディで、各国で翻訳されている(日本では岩波書店が「結婚狂詩曲―囲城」というタイトルで発売)。公式な電子書籍版がまだ存在しないため、中国国内では違法ダウンロード版が数多く流通している。掌閲科技は、今回の電子書籍化に100万人民元(約:1,600万円)を投じるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:sina.comの報道( http://finance.sina.com.cn/roll/2017-07-28/doc-ifyinryq6720078.shtml

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ