出版デジタル機構、明治期の落語・講談速記本「百花園」を電子書籍化、主要電子書籍ストアで配信開始

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社出版デジタル機構(本社:東京都千代田区)は5月24日、経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業(略称:緊デジ)」プロジェクトで制作された明治期の落語・講談速記本「百花園」(発行:日外アソシエーツ)を、順次電子書籍ストアへ供給開始した。

 「百花園」は明治22年〜33年に通巻240号が刊行された落語・講談速記本で、当時1.5万部の発行部数を誇っていた。原本は国立国会図書館や早稲田大学演劇博物館でも全巻揃っていない、貴重な資料となる。

 なお、「コンテンツ緊急電子化事業」とは、東日本大震災からの復興の一環として、中小出版社の東北関連書籍をはじめとする書籍等の電子化費用の一部を負担するという昨年度の国家プロジェクト。電子化の予算使用結果については、http://www.kindigi.jp/ で確認することができる。【hon.jp】

問合せ先:出版デジタル機構のサイト( http://www.pubridge.jp

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事