ロンドン大学の研究者チーム「日本で電子書籍端末の普及がなぜ遅れているか」について論文、しかし

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、英国のロンドン大学の研究者チームによる「日本で電子書籍端末の普及がなぜ遅れているか」についての論文を紹介している。

 この論文は「The Encroachment Speed of Potentially Disruptive Innovations with Indirect Network Externalities: The Case of E-Readers」というタイトルで、2012年時点に行なわれた日米の出版業界関係者20名のインタビューを元に、日米間の電子書籍端末「Kindle」発売時期のズレと、同時期に発売された日本メーカー製端末の販売不振、浸透度の差について定性的に検証したもの。

 The Digital Readerサイトによると、米国市場について記述に多々の問題があると指摘している。

※注:弊社サイトでも当該論文を精査した結果、「XDMF」などとミススペルも多く、「査読不足」と判断しました。【hon.jp】

問合せ先:The Digital Readerの記事( http://the-digital-reader.com/2017/03/08/real-reason-ereaders-succeeded-disruptive-innovation-us-not-japan/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。