[献本先着100名] 邪馬台国発見 ~可能性は99%以上~

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

樫田羽衣さんから「邪馬台国発見 ~可能性は99%以上~」の献本です。
邪馬台国はどこにあったのか。その謎について解読したというのがこの作品です。

邪馬台国発見 ~可能性は99%以上~
邪馬台国発見 ~可能性は99%以上~

樫田羽衣さんからコメント

邪馬台国はどこにあったのか。卑弥呼の墓はどこにあるのか。
日本史上最大のミステリーともいえるこの問題に、27歳無職の樫田羽衣(仮名)が挑んだ。
樫田羽衣はどこの研究機関・大学にも所属しない、どこにでもいる一般市民で、文字通り中立公正。
畿内説・九州説といった先入観を一切持たず、魏志倭人伝の記述と現在の地図だけを手掛かりに、解読していく。
その結果、邪馬台国の正確な場所を特定することに成功した。
その可能性は99%以上。100%と断言することも可能だが、責任問題に繋がる世知辛い世の中のため、1%マイナスして99%以上と見積もった。しかしこの内容は驚愕である。
この本では以下のすべての謎に対して解読している。
①方角・距離と日数の真実
②不弥国・投馬国・邪馬台国・狗奴国・侏儒国・裸国・黒歯国・東の倭国・斯馬国~奴国までの正確な位置。
③卑弥呼の墓の候補と、これまでそれらが議論すらされてこなかった理由。

なお、電子書籍には地図が付属していたが、今回は文書の書式上、付けることができなかった。
確認されたい場合にはGooglemapやYahoo地図を参照してほしい。

レビューはこちらまで

献本を受け取った方はぜひレビューをお願い致します!

レビュー書いたよ!というお知らせは kenpon@hon.jp もしくはTwitterであればハッシュタグ #KENPON でつぶやいて下さい!

よろしくお願い致します!

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

タグ: /

関連記事&広告