中国の青島市、市民向け電子図書館サービス「青雲図」を公開、紙書籍も自宅に無料配送可能

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、中国の青島市の南区図書館が現地時間11月13日、市民向け電子図書館サービス「青雲図」を試験稼働し、6,000作品の貸し出しをスタートしたとのこと。

 中国では各地の公共エリアでベンダー製のキオスク端末型の電子書籍図書館ブースが続々と設置開始されているが、この「青雲図」はそれらとは異なる独自プラットフォームで、紙書籍の貸し出しにも対応。貸し出し要請した市民の自宅に配送業者が無料(市側が負担)で届け、返却は近所の図書館まで持っていく方式。まずは6,000作品から試験的に貸し出しスタートするとのこと。もちろん、電子書籍での閲覧も選択可能。【hon.jp】

問合せ先:「半島都市報」の報道( http://www.qdxin.cn/qingdao/2016/90218.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。