米教授がビッグデータ分析「小説作品のプロットは6種類に分類される」、ツールをGitHub公開

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のギーク系ニュースブログ「Motherboard」等によると、University of Nebraska大学(本部:米国ネブラスカ州)でデジタル時代言語学を研究しているMatthew Jockers教授が、「9割のケースでは、小説作品のプロットは6種類に分類される」と主張しているとのこと。

 これは、教授がビッグデータ分析を元に出した結論で、この場合のプロットは「作者がイベント発生を読者に伝えるパターン」の事を意味する。実際に使ったR言語スクリプト「Syuzhet」もGitHub公開された。【hon.jp】

問合せ先:Jockers教授のブログ( http://www.matthewjockers.net/2015/02/02/syuzhet/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。