大手出版社Houghton Mifflin Harcourt、Microsoft社と共同で小・中学校向け電子教科書アプリ開発へ

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】アメリカ文学を代表する文豪マーク・トゥエインを育てたことで有名な教育系出版大手のHoughton Mifflin Harcourt社(本社:米国マサチューセッツ州)は現地時間6月3日、9月の新学期に向け、Microsoft社(本社:米国ワシントン州)と共同でWindows 8向け電子教科書アプリを開発することを発表した。

 Houghton Mifflin Harcourt社は2012年に経営難で破産し、現在はまだ再建途中。今回共同開発するのは小・中学校向けのWindows 8電子教科書アプリで、より多くの種類のWindows 8デバイスに対応できるようMicrosoft社の協力を仰いだ模様。【hon.jp】

問合せ先:Houghton Mifflin Harcourt社のプレスリリース( http://www.hmhco.com/media-center/press-releases/2014/june/microsoft-partnership

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: