MITのネグロポンテ教授、2010年に向けて1台75ドルの「本型ラップトップ」の開発を発表

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】教育用100ドルパソコン「XO-1」の規格開発・普及促進事業などを行なっている非営利法人One Laptop Per Child(OLPC、本部:米国マサチューセッツ州)は現地時間の5月20日、次世代モデル「XO-2」の開発計画を発表した。
 OLPC代表であるマサチューセッツ工科大学のネグロポンテ教授のプレゼンテーションによると、この「XO-2」は2010年の完成を目標に開発が進められ、“本”型のデュアルディスプレイ方式の筐体デザインを採用し、販売価格75ドルを目指すとのこと。
 なお、昨年からOLPCが教育機関向けに販売されている「XO-1」は1台200ドル弱での販売を実現しており、部品コストなどの低下などにより、この「XO-2」の1台75ドルという目標は必ずしも不可能ではないと予想されている。【hon.jp】

At OLPC's Global Country workshop today, founder Nick Negroponte unveiled the next-gen XO Laptop, and it totally blows the original away. About half the XO 1.0's size and more like a foldable book, it does away with the keyboard and trackpad to go totally touchscreen—that's right, dual touchscreens, straight out of…

問合せ先:One Laptop Per Child ( http://www.laptop.org/ )

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。