米NPO団体Open Laptop Per Child、教育向け“100ドル”タブレット「OLPC XO-Tablet」を7月16日発売予定

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】ARM系デバイス専門ニュースサイト「Liliputing.com」によると、教育向け低価格ノートPCの普及活動を行なっているNPO団体Open Laptop Per Child(本部:米国マサチューセッツ州、以後:OLPC)は現地時間7月16日、次期“100ドル”タブレット機「OLPC XO-Tablet」を米Walmartチェーンで発売することを明らかにしたとのこと。

 OLPCは、MITのネグロポンテ博士の発案で2005年に発足したNPO団体で、貧しい国々の子供たちのために設計された低価格PCの普及活動・製造を行なっている。同団体は数年前から「OLPC XO-1」という教育用LinuxノートPCを生産しているが、台湾製ネットブックやiPadなどによる攻勢もあってその後はいくつかの新モデルが生産できず、活動自体も目立たなくなっていた。

 今回発売される「OLPC XO-Tablet」はAndroidベースで、米国の子ども達もターゲットになっている。なお、現行ノート型の高速版モデル「OLPC XO-4」も少しずつ開発が進められている模様。【hon.jp】

問合せ先:Liliputing.comの記事( http://liliputing.com/2013/07/olpc-xo-tablet-coming-to-walmart-july-16th-maybe.html

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事