米Amazon、タブレット機Kindle Fireシリーズで児童向け定額コンテンツサービス「Kindle FreeTime Unlimited」を開始

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間12月5日、タブレット機「Kindle Fire」シリーズのユーザー向けに、児童向け定額コンテンツサービス「Kindle FreeTime Unlimited」を開始した。

 このKindle FreeTime Unlimitedでは、児童向けに制作された電子書籍・ビデオ・ゲーム・音楽など多数のコンテンツを月額4.99ドル(約408円)で取り放題にするというもの。対応するのは「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」「Kindle Fire HD 8.9」の3機種で、OS上に子供専用アカウントを作成し、閲覧時間を制限したり、児童専用UI画面でそのまま渡せるようになる。

 最近の調査で、米国内の児童の多くがApple製品をクリスマスプレゼントとして欲していることが明らかとなったため、Amazon社ではこの新サービスで対抗していく模様だ。【hon.jp】

問合せ先:Kindle FreeTime Unlimitedの概要ページ( http://www.amazon.com/gp/feature.html?&docId=1000863021

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /