個人作家のイベント企画にも創意工夫が必要、ライトセーバー大会など

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Publishers Weeklyが、ネット上ではなく、実際のPRイベントをしてみたいと考えている個人作家向けに、面白さに重点を置くよう説いている。

 作家イベントといえば、「講演会」「サイン会」「読書会」ツアーが一般的だが、ひたすら作品をPRするだけでなく、参加者を楽しませる工夫も必要だという。たとえば、出版・音楽PR企画会社Brass Checkでは、フィットネス系個人作家Steve Kamb氏のために、サイン会ではなく、テキサス州のオースチン市庁舎で地元議員と共同でライトセーバー大会を行なったこともあるという。

 もともと想定していない読者層までいっきに巻き込みたいなら、参加者たち自身が楽しめるイベントにすべき、ということのようだ。【hon.jp】

問合せ先:Publishers Weeklyの記事( http://publishersweekly.com/pw/by-topic/authors/pw-select/article/69770-the-indie-authors-guide-to-organizing-author-events.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ