【ネタ】電子ペーパー製の電子値札で、電子書籍端末を販売するハンガリーの店頭風景

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子ペーパーを使った家電製品の代表格といえば電子書籍端末だが、最近では小売り店向け電子値札システムでも使われるケースが多くなっている。その両者が一緒に並んでいる不思議な店頭風景を、米国の電子書籍ニュースサイト「Teleread」が紹介している。

 電子値札はImagotag社(本社:オーストリア・シュタイアーマルク州)製。これはハンガリーで撮影されたもので、複数メーカーの電子書籍端末の価格・製品情報を大型の電子ペーパー値札が付けられている。

 皮肉にも値札のほうが電子書籍端末よりも画面サイズが大きく、さらに原価は4ドル程度と想像されるという。【hon.jp】

問合せ先:Teleread.comの記事( http://www.teleread.com/ereaders/when-epaper-signage-undercuts-kindles-can-the-post-paper-future-be-far-behind/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: