米国の”月額パトロン制”作家応援サイト「Patreon」が好調、月100万円の収入を得る作家も登場

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

【編集部記事】米GalleyCatが、2013年にオープンした「Patreon.com」(本社:米国カリフォルニア州)というクリエイター向けクラウドファンディングサイトの好調ぶりを報じている。

 Patreon.comは、外見的には一般的なクリエイター向けクラウドファンディングサイトだが、作品・商品を購入する方式ではなく、単純に、その作家を毎月1ドルだけ応援するというもの。

 記事では、同サイトからの月収入が11,167ドル(約116万円)を突破したホラー・ファンタジー小説系個人作家Aaron Mahnke氏を事例として紹介。Mahnke氏は2,204名の支援者しかいないが、もともとポッドキャスト小説家出身ということもあり、支援者専用のポットキャスト小説配信などおまけオプションを多用。Patreon.com広報担当者は「月ごとにおまけオプションを変えつつ、3〜5種類くらい提供することが、支援者定着のコツ」だとアドバイスしている。【hon.jp】

問合せ先:米GalleyCatの記事( http://www.adweek.com/galleycat/what-writers-need-to-know-about-patreon/126596

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事