米国の電子書籍エージェンシー・モデル裁判、全米書店組合やBarnes & Noble社がApple社を擁護

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Publishers Weeklyによると、Apple社(本社:米国カリフォルニア集)が大手出版社と交わした電子書籍のエージェンシー・モデル価格契約は違法であるとの2013年の判決について、American Booksellers Association(以後ABA、本部:米国ニューヨーク州)などが同社擁護の意見書を提出したとのこと。

 同裁判は2013年7月にApple社に有罪判決が下り、Apple社は今年10月から最高裁に上告中。今回の意見書はABAのほか、大手書店チェーンBarnes & Noble(本社:同)、作家団体Authors Guildなどで、「電子書籍市場での公正な競争を維持するために、Apple社は貢献している」という内容とのこと。【hon.jp】

問合せ先:米Publishers Weeklyの記事( http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/content-and-e-books/article/68837-in-amicus-brief-authors-guild-aba-b-n-back-apple.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: