アムタスなど日中韓のアニメ・コミック関連企業、電子コミックの海賊版排除を目的に「アジア版権保護連盟」設立

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社アムタス(本社:東京都渋谷区)は9月24日、少年画報社や中国の提携ベンダー、中国政府機関などと共同で「アジア版権保護連盟」の設立に参加したことを発表した。

 この新団体は、中国及びアジア地域でのアニメ・マンガ版権の保護などを目的とした組織で、中国政府関連機関である「福建省動漫ゲーム協会」と「厦門市動漫ゲーム協会」、違法配信証拠取得機関である「美亜柏科・中証司法鑑定中心」も参画。

 アムタスおよび少年画報社は、その第1期加盟企業メンバーとなっている。正式な調印は、すでに現地時間8月21日に済んでいるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:アムタスのプレスリリース( http://www.amutus.co.jp/info/press/2015/p15092401.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ