BookLiveとCCCが電子書籍・紙書籍の新プラットフォーム構築を発表、TSUTAYAで本を買うと電子書籍版も

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社BookLive(本社:東京都台東区)とTSUTAYAグループ親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、以後:CCC)は6月30日、両社による電子書籍・紙書籍の新プラットフォーム構築を年内にも行なうことを発表した。

BookLive社とCCC社の記者会見の様子

 2社が開発する新プラットフォームはTSUTAYA各店舗とBookLiveサイトをつなぐためのもので、T-POINTカードIDを使い両社の会員IDを紐づける。この仕組みを使い、1)TSUTAYAで購入した雑誌・書籍の電子書籍版が自動的にBookLiveアカウントで読める(無料・有料は出版社次第)、2)TSUTAYAで予約した雑誌・書籍が到着するまで電子書籍版が読める、などの新サービスが複数立ち上がる予定。

 また、BookLive社ではTSUTAYA系列カフェに電子書籍閲覧WiFiスポット「BookLive! SPOT」も設置していく予定だ。【hon.jp】

問合せ先:BookLive社のプレスリリース( http://booklive.co.jp/release/2014/06/301305.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告