シャープ、新電子書籍端末にからみCCCと共同ストア「TSUTAYA GALAPAGOS」を開設予定

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】シャープ株式会社(本社:大阪府大阪市)は10月5日、同社が12月に発売予定の電子書籍端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」に関連し、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(本社:大阪府大阪市)と共同コンテンツストア「TSUTAYA GALAPAGOS」を開設することを発表した。

  12月に開設予定となっている「TSUTAYA GALAPAGOS」は、電子書籍・電子雑誌などの販売から始め、来年からはそれらと連動するかたちで映像・音楽・ゲームなどを含むエンターテイメントコンテンツなども販売する予定。ストア自体は、2社の合弁会社(来月設立予定)が運営する予定だ。

 TSUTAYA GALAPAGOSストアの外観や、実際にGALAPAGOS本体のアプリケーションとして提供されるのかどうかは不明。【hon.jp】n

問合せ先:シャープのプレスリリース( http://www.sharp.co.jp/corporate/news/101005-a.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /