Bitcoinの仕組みが他業種にも飛び火、P2Pデジタル音楽取引システム「bitshares Music」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】仮想通貨Bitcoinと同じ仕組みを、金融以外の分野でも使おうという動きがシリコンバレーで活発化している。

 Bitcoinは、P2Pでブロックチェーンと呼ばれる暗号の固まりを各ユーザーがCPUで解くことで、権利の配分を行なうという仕組みだが、ここにきてそのブロックチェーンの仕組みが個人認証システムや名前解決システム、レコメンデーションシステム、デジタルコンテンツ配信などの分野でも十分転用できることが判明。

 たとえば、このブロックチェーン関連ビジネス向けのオープンソースライブラリ開発を行なっているBitshares.orgでは、音楽配信での応用も想定しており、配信数に応じてユーザー間のライセンス譲渡価格が上下する仕組みなどを研究している。【hon.jp】

問合せ先:Bitshares Music概念提案サイト( http://bitshares.org/music/

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事