Googleへの抗議も込めて? 英Bloomsbury社が電子書籍市場に参入

《この記事は約 2 分で読めます》

 世界的ベストセラー「Harry Potter」シリーズの出版元として有名な英国Bloomsbury Publishing Plc.社(本社:英国ロンドン市)は現地時間の4月4日、同社としては初めて電子書籍の販売を開始した。

 今回同社が販売を開始したのは「Empress Orchid」「Moondust」などの24タイトルで、注目されていた「Harry Potter」シリーズは今回の電子書籍化ラインナップには含まれていない。対応する電子書籍フォーマットはAdobe eReader、Microsoft Reader、MobiPocket、DX Readerなどで、自社サイトで直接購入ダウンロードできる。ちなみに実際の電子書籍制作や販売サイトの運営はシンガポールのDigital Publishing Solutions社が担当している模様。

 なお、同社のNigel Newton会長はロイター伝のインタビューに対し、今回の電子書籍への参入はGoogle社の書籍内検索サービス「Google Book Search」への抗議の意味もあると発言しており、今後似たような危機感から電子書籍市場に参入する欧州系出版社は増えるものと予想される。

【関連サイト】
英国Bloomsbury Publishing Plc.社の電子書籍販売コーナー(英文)
http://www.bloomsbury.com/ebooks
本件を伝える英ロイター通信の記事(英文)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / / /