米Smashwords、自社プラットフォーム上の電子書籍生成ペースが2倍以上に加速していることを明らかに

【編集部記事】個人作家・インディーズ系電子書籍サービスのSmashwords社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間2月24日、同社の個人作家陣が執筆した電子書籍の英文ワード数が100億ワードを突破したことを発表した。

 Smashwordsは個人作家80,000名を抱える電子書籍出版プラットフォームの中堅で、すでに288,000タイトルをBarnes & Noble社やApple社など多くの主要電子書店に卸している。

 2012年7月に同社が50億ワードを突破するまで50か月かかったいたのが、今回の+50億ワードはわずか18か月で達成。同社の作品生成ペースが2倍以上のペースで加速していることになる。【hon.jp】

問合せ先:Smashwordsのブログ( http://blog.smashwords.com/2014/02/smashwords-authors-publish-10-billion.html

【PR】配信中の無料作品【テスト中】