米国の経済学系ネット調査機関が電子書籍業界を分析「DRMをなくすと、Kindle・Nookのシェアは拡大する」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の私立大学New York University(本部:米国ニューヨーク州)の経済学部に本部を置くネット調査機関「NET Institute」が現地時間11月9日、電子書籍業界に関する定量分析レポートをPDFで公開した。

 公開されたのは「Quantifying the Impacts of Digital Rights Management and E–Book Pricing on the E–Book Reader Market」という調査レポートで、DRMが電子書籍市場に与える影響を定量的モデルで分析したもの。レポートによると、「DRMをなくすと、Kindle・Nookのシェアは拡大する」「全メーカーがDRMをなくすと消費者利益は7%上昇する」「電子書籍の価格が上がると、iPadのシェアが拡大し、逆にKindle・Nookのシェアは減る」などの結論を導いている。【hon.jp】

問合せ先:上記PDFファイルのリンク( http://www.netinst.org/Kim_Leung_13-03.pdf

HON.jpではこのような誰でも無料で閲覧できる記事を、運用型広告なしで、著者にはきちんと対価を払うという事業活動を、みなさまのご支援により非営利で行っています。賛助会員のご案内はこちら。

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事