「カカオトーク」の韓国Kakao社が電子出版プラットフォーム「KAKAO Page」を立ち上げ、まずは韓国向けに

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】「LINE」「カカオトーク」など、無料通話アプリで日本国内を席巻している韓国系IT資本だが、後者の運営元Kakao社(本社:韓国ソウル市)が現地時間2月7日、電子出版プラットフォーム「KAKAO Page」をオープンした。

 KAKAO Pageは、有償の電子書籍や電子雑誌をスマートフォン向けに提供する専用アプリで、誰でも出版社になれるというシステム。とりあえずは韓国内からスタートするが、数ヶ月以内に米国や日本でもスタートするものと予想される。【hon.jp】

問合せ先:KAKAO Page韓国語版サイト( http://www.kakao.com/page

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事