日刊出版ニュースまとめ 2022.06.11

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 6 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

国内

出版業界事情:個人向けデジタル化資料送信サービスとは?=永江 朗〈週刊エコノミスト Online(2022年6月10日)〉

国会図書館の個人向け新サービスがスタート  5月19日から国立国会図書館(NDL)の「個人向けデジタル化資料送信サービス」が始まった。いくつか誤解もあるようなので、その点に絞って記しておきたい。

“ニュースレター再注目”は何を意味しているのか?「出版業界ニュースまとめ」古幡瑞穂×藤村厚夫対談〈Media × Tech(2022年6月10日)〉

ここ数年、ニュースレターに注目が寄せられている。読者のメールボックスに直接コンテンツを届け、エンゲージメントを強化するメディアのあり方は、「従来のメルマガとどう違うのか?」という疑問を投げかけられる一方、同じほどの期待も持たれている。 米メディアのニュースレター強化の方針は何度も報じられ、国内でも個人クリエイターを対象としたニュースレター配信プラットフォーム「theLetter」が〈年収換算で 1,000 万円...

電子図書館「時期みて検討」 津市議会、教育次長答弁 三重〈伊勢新聞(2022年6月10日)〉

読売新聞 、「広告業」に本腰を入れる: SMN との協業で「YOMIURI X-SOLUTIONS」の設置へ〈DIGIDAY[日本版](2022年6月10日)〉

読売新聞東京本社は4月27日、新事業「YOMIURI X-SOLUTIONS(ヨミウリ・エックス・ソリューションズ:略称 YxS)を発表。YxSは、ソニーネットワークコミュニケーションズの子会社であるSMNとの協業で、新聞とテレビの接触データを掛け合わせたデータマーケティングソリューションとなるという。

オーディオブックと運動のデュアルタスクに認知症予防トレーニングと同等の脳血流活性作用を発見 – Digital Shift Times(デジタル シフト タイムズ)〈(#REF!)〉

音声配信サービス「audiobook.jp」を運営する株式会社オトバンクは、関西福祉科学大学保健医療学部リハビリテーション学科重森健太教授、社会医療法人生長会ベルピアノ病院リハビリテーション室と、高齢者の認知症予防トレーニングに関する共同研究を実施したと発表した。

視覚障害者等の読書環境の整備の推進に係る関係者協議会(第8回)【WEB会議】配布資料〈文部科学省(2022年6月10日)〉

Skebを運営する株式会社スケブ、表現の自由のためのユーティリティトークン「Skeb Coin」(仮称スケブコイン)発行に向けた3社間覚書締結のお知らせ〈株式会社スケブのプレスリリース(2022年6月10日)〉

株式会社スケブのプレスリリース(2022年6月10日 15時30分)Skebを運営する株式会社スケブ、表現の自由のためのユーティリティトークン(仮称スケブコイン)発行に向けた3社間覚書締結のお知らせ

税理士団体がインボイス制度に異議 「消費税負担が生活を脅かすレベルになる」 IT職種への影響は〈ITmedia NEWS(2022年6月9日)〉

「インボイス制度の中止を求める税理士の会」が、「インボイス制度」により消費税負担が生活を脅かすレベルになるとして反対の立場をあらためて表明した。業務負担増、取引などへの悪影響があるとしている。

SNS事業者の情報開示、法制化も検討 ネット中傷などの対策巡り〈朝日新聞デジタル(2022年6月9日)〉

 ネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策をめぐり、総務省の有識者会議は9日、大手SNS事業者などに日本国内でどんな対応をしているかを開示させるため、法的な枠組みを含めた検討を政府に求める素案をまとめた。これ…

「1冊の被害を埋めるには…」鬼気迫る万引き防止貼り紙、書店の願い〈withnews(ウィズニュース)(2022年6月9日)〉

店舗の経営に甚大な影響を与える犯罪、万引き。ある書店が、予防効果を狙って手掛けた貼り紙が、ネット上で大きな反響を呼んでいます。被害対応の実態を生々しく伝え、人々の良心に訴えかける内容です。どのような経緯で誕生したのか、制作元企業を取材しま…

「令和3年度 読書バリアフリー環境に向けた電子書籍市場の拡大等に関する調査」に関する報告書を公表しました〈METI/経済産業省(2022年6月9日)〉

世界

「Chrome」、ウェブサイトの通知が迷惑かをAIで推測しブロックへ〈CNET Japan(2022年6月10日)〉

グーグルの「Chrome」ブラウザーでは、ユーザーの履歴に基づいてプロンプトを自動的に無効化し、通知を受けるかどうかをしつこく尋ねてくるウェブサイトに対処しようとしている。

欧州委員会出版局、欧州連合(EU)の機関による出版物等の納本制度に関する文書を公開〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年6月9日)〉

イベント

日本マンガ学会第21回大会 シンポジウム「マンガ原画のいまと未来」〈横手市増田まんが美術館/6月19日〉

「パブリッシャー様向け プライバシー サンドボックス ウェビナー(日本語同時通訳)」〈Google(オンライン)/6月21日〉

Stay up-to-date with new products, best practices, and expert advice on Ad Manager and AdSense. Register for upcoming livestreams, or watch previous events on demand.

【イベント】村瀬拓男 著作権入門セミナー1「近時の法改正と出版契約」〈日本電子出版協会(オンライン)/6月29日〉

「テック系編集部が語る! 編集者の仕事を大公開」〈翔泳社テック系編集部(オンライン)/6月29日〉

ITエンジニアが普段読んでいる技術書や技術解説記事。これらは「編集」という工程を経てから世に出ています。編集者という仕事は、漫画や小説、ビジネス書の編集のような、エンジニアとは全く違う世界のように思うかもしれません。しかし、ITエンジニア向けに技術を伝える編集者という仕事も、世の中には存在しています。 今回のイベントでは編集者がどのような仕事をしているのか、普段どのように考えて仕事をしているのかを...

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメントする...
HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1242 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る