ネットと機械学習アルゴリズムを元に実用書を自動作成する電子書籍ベンチャーNimble Books

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】ネットと機械学習アルゴリズムを使い、実用書ジャンルの電子書籍を自動作成するベンチャーのNimble Books社(本社:米国ミシガン州)が面白い。

 Nimble Booksサイト自体は、OpenCalaisやApache Tikaなど無料ドキュメント機械学習システムとWikipediaなどパブリックドメインの情報サイトを連携させた実験サイトで、現在のバージョンは0.4.0.1。米国ではすでに2000年から似たような全自動ロボット出版社ICON Group International社(本社:米国カリフォルニア州)などが存在するが、Nimble Booksの特長はLinked Dataなど通称“Web 3.0”技術をフル活用している点。さらに、ソースドキュメントをユーザー自身で追加投入したり、自分自身で制作物を再編集できる。

 EPUB形式での制作も受け付けており、Amazonなど電子書籍販売サイトへの仲介サービスも実施中。ただ、ビジネスモデル的には、システム精度を高めて、企業向けシステム分野などを開拓していきたい模様だ。【hon.jp】

問合せ先:Nimble Booksのシステム概要( http://www.nimblebooks.com/magento/index.php/about-nimble-combinatorial-publishing

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ