豪インディーズ電子書籍出版社、創業わずか1年半でNew York Times紙のベストセラーランキングに顔出し

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】オーストラリアのインディーズ電子書籍出版社であるThe Writer’s Coffee Shop社(本社:豪州ニューサウスウェールズ州)は先週、女性向け官能小説「Fifty Shades of Grey」(著:E L James)が米New York Times紙の週間ベストセラーランキングに浮上したことを明らかにした。

 The Writer’s Coffee Shopはもともと2009年に立ち上がった読書コミュニティサイトで、欧米のKindleブームを受け、電子書籍出版事業をスタートさせるために2010年10月に法人化。電子書籍として発売した「Fifty Shades of Grey」が米Goodreads.com等で高評価を受け、ファンが拡大。結果としてペーパーバック版が今回New York Times上で第27位への浮上を果たした。

 米・英からの輸入書に押され気味のオーストラリア出版界が、電子書籍なら逆に敵地でも十分戦えることを証明した出来事といえる。【hon.jp】

問合せ先:豪The Writer's Coffee Shop社のサイト( http://www.thewriterscoffeeshop.com/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。