Apple絶好調「Kindle Fire発売による影響はあまり見られない」、マスコミ向け四半期業績発表で新CEOがコメント

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間1月24日、同社の会計第1四半期(2011年9月25日〜12月31日)の業績発表を行ない、同社として史上最高のクリスマスシーズンとなったことを明らかにした。

 発表内容によると、同社は年末の3ヶ月間だけで昨年同期比で+73%の総売上高463億ドル(約3.6兆円)、純益130億ドル(約1兆円)を記録。この数字は、Apple社が純益のみで、Google社の総売上高を超えたことになる。iPhoneは3,704万台、iPadも1,540万台の販売台数を記録し、ウォール街の予想を大きく上回った。

 定例となっているマスコミ向け報告会において、故Steve Jobs氏の後任として同社CEOをつとめるTim Cook氏は、Amazon社のKindle Fireなど低価格タブレット・薄型ノートPC等の発売による影響について質問されたところ「Kindle Fire発売直後から週単位でiPadの販売状況を確認していたが、影響はあまり見られなかった」「iPadの潜在ユーザーは、機能制限された専用タブレット端末にはあまり興味がないと思う」と余裕のコメントを残した模様。【hon.jp】

問合せ先:All Things Digitalの記事( http://allthingsd.com/20120125/ha-your-limited-function-kindle-fire-is-no-match-for-my-magical-ipad/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /