米書店チェーン最大手Barnes & Nobleが業績発表、今期の売上高は-6.5%、来期も引き続きマイナス予測

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米書店チェーン最大手Barnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は現地時間6月22日、今期(2016年5月〜2017年4月)の業績発表を行ない、通期の売上高が前年比で-6.5%になったことを発表した。

 同社は2012年から売上高の減少を続けており、株価が今年2月頃から危険水域の10ドル以下に突入している。なお、次年度の予想についても、引き続き減少する見込みであるとコメントしている。【hon.jp】

問合せ先:Barnes & Noble社のプレスリリース( http://investors.barnesandnobleinc.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=1031056

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ