音声プラットフォーム「himalaya」で有料チャンネルが一部無料開放 〜 新型コロナウイルス感染拡大を受け

himalayaイメージ画像
himalaya
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 シマラヤジャパン株式会社は3月3日、運営する音声プラットフォーム「himalaya(ヒマラヤ)」で、一部の有料コンテンツを期間限定で無料提供することを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークや休校措置を支援することが目的。

 今回無料開放されたのは、有料チャンネル「田原総一朗の”最後の審判”」(通常3060円)と「竹中平蔵の日本経済講座」(通常1840円)、「ひまらや落語チャンネル」(通常月額750円)。期間限定だが、いつまで無料とするかは未定とのこと。

 himalayaは2月14日に、オーディオブックの聴き放題サービス「himalayaプレミアム」を開始したばかり。月額750円(税別)で1万点以上が聴き放題の対象となるサービスで、90日間無料で利用できるクーポンを配布している。

 中国の音声プラットフォーム「喜馬拉雅(シマラヤ)FM」は、上海証大喜馬拉雅網絡科技有限公司が運営しており、累計6億ダウンロード以上、月間アクティブユーザー1億2000万人以上。シマラヤジャパンはその日本法人で、サービス名は日本向けに“ヒマラヤ”としている。

参考リンク

himalaya(ヒマラヤ)
https://www.himalaya.com/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 524 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)。アイコンは©鈴木みそ氏
タグ: / / / /

関連記事&広告