『親方と神様』伊集院静/あすなろ書房/2月20日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『親方と神様』表紙
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 年老いた鍛冶職人は少年を、いかに育てたのか? 子育てとは。人育てとは? 伊集院静が贈る珠玉の短編小説!

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

親方と神様

伊集院静/あすなろ書房

内容紹介

親方と神様 鋼と火だけを相手に、人生の大半を過ごしてきた鍛冶職人の前に現れたのは、澄んだ瞳をした12歳の少年だった。

 少年は、鍛冶屋になりたいから、仕事を見学させてほしいと言う。年老いた職人は少年のその純粋でひたむきな姿に心が動き見学を許した。

 少年は、毎日訪れるようになり、職人も鍛冶のことを話してやり、二人は心を通わせていった。

 職人は、少年が鍛冶屋になりたいというのは、子どもの気まぐれだと思っていた。

 後日、少年の母親が訪れた。要件は、少年が中学校にいかずに鍛冶職人の修行をしたいと言い出したので、ここでは修行できないと説得してほしいということだった。

 しかたなく承諾した職人だったが、自分は口べたなので、少年に話して説得できる自信がなかった。話せば話すほど、少年は自分に裏切られたと思うに違いない。

 職人は、考えた末、自分が親方から聞いたことを、当時と同じように山へ出かけて、少年に話してみることにした。

 山を歩きながら、彼は鍛冶がいかに素晴らしい仕事であるかを少年に話した。

 それは、説得とはまったく逆の話だったが……。

出版情報

発行形態:ハードカバー
ISBN:9784751529454
本体価格:¥1,200 (JPY)
ジャンル:文芸小説
刊行日:2020/02/20

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/182854

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About HON.jp News Blog編集部 662 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連記事&広告