電子書籍中堅の加Kobo社、ニューヨーク市中央駅に期間限定で実店舗を開設、電子書籍端末等を販売

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子書籍・Kobo電子書籍端末販売サイトのKobo社(本社:カナダ・オンタリオ州)は7月5日、ニューヨーク市の鉄道拠点の1つであるGrand Central Terminal駅内において、期間限定のキオスク型実店舗を開設した。

 6月に発売したE-Ink製の6型電子ペーパーディスプレイ・タッチスクリーン搭載・最大1万点の電子書籍を収蔵できる「The Kobo Touch Edition」の実機を展示。実際に操作しを試してから購入でき、軽量なので通勤や旅行時の読書に最適とアピールしている。

 価格は130ドル(約10,300円)。同店舗で同端末を購入したユーザーには、好きな電子書籍を10ドル分贈呈する特典も提供される。【hon.jp】

問合せ先:Kobo社のプレスリリース( http://blog.kobobooks.com/2011/07/05/kobos-on-the-road-in-grand-central-terminal/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /