「著作権入門・実践セミナー」7月3日と17日に東京で開催(村瀬拓男/日本電子出版協会)

JEPA
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 一般社団法人日本電子出版協会(JEPA)は7月3日と17日、弁護士 村瀬拓男氏による「著作権入門・実践セミナー」を開催する。共催は電子書籍を考える出版社の会(eBP)。

イベント概要

日時

第1回 2019年7月3日(水)15時から17時
第2回 2019年7月17日(水)15時から17時

場所

東京都千代田区紀尾井町3−12 紀尾井町ビル4階
株式会社パピレス セミナールーム(地図

内容

第1回「著作権制度の基礎」

 著作物とは何か、著作権はどのように生まれるのか、著作権はいったいどのよう な権利でどのような場面で働くものなのか、著作権者の許諾なく著作物を利用できるのはどのような場合なのか、といった著作権制度の基本的なところを、実例を挙げながらなるべくわかりやすく説明する。あわせて、商標法、意匠法、また不正競争防止法などといった、著作権と関連する知的財産法制度についても触れる。

第2回「著作物の契約実務と新しいビジネスモデル、海賊版への対応」

 電子出版をめぐる著作権法その他の法律環境は毎年のように変化している。柔軟な権利制限規定や教育利用に関する制限規定の拡張などが、実務にどのような影響を与えようとしているのかを考える。また、新たなビジネスモデルも次々と導入されるにつれて、契約実務でもこれまでとは異なる検討事項や注意点が必要になっている。さらに、デジタル海賊版対策では立法のみならず、業界全体の体制も整えられるようになってきた。これら最新の動向をわかりやすく説明する。

登壇者

村瀬拓男氏(弁護士/用賀法律事務所)

参加費

一般 1万円(2回分・申し込み時に当日現金払い/請求書送付のどちらを希望かをコメント)
JEPA会員社・eBP会員:1社2名まで無料(追加は1名あたり3000円)

主催

一般社団法人日本電子出版協会
共催:電子書籍を考える出版社の会

参加申込み

こくちーずの案内ページより
https://kokucheese.com/event/index/568595/

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 436 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連コンテンツ