「教育ICTとプログラミング教育の現場報告」5月21日東京で開催(安藤昇/日本電子出版協会)

こくちーず
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 一般社団法人日本電子出版協会は5月21日、セミナー「教育ICTとプログラミング教育の現場報告」を開催する。登壇者は武蔵野大学附属千代田高等学院/小学生向けプログラミング教室・スクールのプロスタキッズCLO安藤昇氏。

イベント概要

日時

2019年5月21日(火)15時から17時30分(14時30分受付開始)

場所

東京都千代田区紀尾井町3−12 紀尾井町ビル4階
株式会社パピレス セミナールーム(地図

内容

 ICTの導入からプログラミング教育の必修化。教員を取り巻く環境は目まぐるしく変化している。一部の先進校にはタブレットが導入され先進的な実践が行われているが、まだまだ大衆化には程遠いのが現状である。しかし、殆どの知識がWEBで検索できる現代では、教員にとっての武器だった知識の優位性はなくなり、ネットで学べる高校などが人気を博している。機械学習やAIの普及によって教員の役割もティーチングからコーチングと変化してきている。数々の教育現場のICT化を図ってきた経験から新しい教育のあり方を考えていく。

登壇者

安藤昇氏(武蔵野大学附属千代田高等学院/プロスタキッズCLO)

参加費

一般:3000円
JEPA会員社:無料

主催

一般社団法人日本電子出版協会

参加申込み

こくちーずの案内ページより
https://kokucheese.com/event/index/562885/

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 453 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: /

関連コンテンツ