米セルフパブリッシング人材紹介のReedsyがディスカバラビリティサービスを開始

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 少しでも多くの読者の目に留まるよう、セルフパブリッシングの著者が自腹を切ってフェイスブックやアマゾンで広告を買う中、このコミュニティーに編集者やデザイナーなどの人材リソースを紹介してきたReedsy(リージー)は、「Reedsy Discovery」という販促サービスを開始した。[編注:ディスカバラビリティ(discoverability)は「発見される能力」の意味]

 このプロモーションに参加すると、タイトル、あらすじ、カバー画像などをあらかじめリージーが厳選した、経験やジャンルの知識があるレビュアーに作品が送られる。受け取り側でも、レビューしたい作品を選べるようにしてある。

 その上で、著者が決めた日に一斉に、読者がサンプルチャプターを読んだり、コメントしたり、レビューを読んだり、そしてもちろん好きなオンライン書店で買えるようにするという仕組みだ。

 フォーブス誌が、リージー創立者でCEOのエマニュエル・ナタフにインタビューし、今年のセルフパブリッシング著書のトレンドについて聞いている。

 2017年には、全米で既存の出版社からの刊行点数30万タイトルに対し、セルフパブリッシングの本は100万タイトルを突破した。リージーでは、人間によるキュレーションと、機械学習のアルゴリズムによって、玉石混交の中から大きな原石を探し出し、機械頼りのアマゾンの「オススメ」Eメールを超えるサービスを作ろうとしている。

 この記事の中で、ナタフは「エスケープ・フィクション」「YAフィクション」「自伝/メモワール」が期待できるジャンルだと答えている。

参考リンク

デジタル・リーダーの記事
https://the-digital-reader.com/2019/03/04/reedsy-launches-a-book-discovery-service/
フォーブス誌の記事
https://www.forbes.com/sites/adamrowe1/2019/03/04/3-big-trends-in-2019-indie-books-according-to-publishing-startup-reedsys-ceo/

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 135 Articles
NPO法人日本独立作家同盟 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

米アマゾンが自閉症のニセ科学本を削除  アマゾンが第三業者による「マーケットプレイス」から、自閉症治癒として非科学的な療法を掲げた本を削除したと、NBCなどの米マスコミが伝えている。  二酸化塩素の効果で191人の子どもが治ったなどとする「Healing the Symptoms Known as Autism(自閉症の症状を治す...
オープンアクセスに応じないエルゼビアをカリフォルニア大学がボイコット  学術論文へのオープンアクセスが求められる風潮の中、公共資金による研究成果へのオープンアクセスを目指す米カリフォルニア大学は、論文などの学術資料へのアクセスに高額な料金を課す大手出版社エルゼビアの購読を中止したと発表した。8ヶ月にもわたる契約更新交渉を重ねてきたが合意に至らず、今回の決裂となった。...
米PEN協会賞、気骨ある新人の短編集に注目  新人の短編集といえば、アメリカでは売り出しにくいジャンルとされているが、今年のPEN協会はブッカー賞や全米図書賞を受賞しているベテラン作家、ジョージ・ソーンダースが絶賛する2人の新人作家による短編集が選ばれる結果となった。  フィクション部門では、ガーナ系アメリカ人の新人作家、ナナ・クワメ・...
読者からの購読料を増やすためにメディアができることは?  トリビューン出版、ガーディアン紙、そしてニュースウェブサイトであるスレート(Slate)をケーススタディとした2団体の報告書について、ハーバード大学のニーマン・ジャーナリズム・ラボがまとめている。  デジタル広告費のうち、グーグルが37%、フェースブックが22%、そして成長中のアマゾンが8....
【ニュース解説】アマゾンはニューヨークのどこを見誤ったのか?  ニューヨークは摩天楼の立ち並ぶマンハッタンから、東に川を渡ったクィーンズ区に広々とした「キャンパス」と呼ばれる第2本社を建て、2万5000人分の雇用を作り出すと謳い、“ビッグアップル”に乗り込もうとしたアマゾン。思わぬ抗議運動に尻込みし、計画を断念した。  アマゾンといえば、流通倉庫での労働...