米Amazon、エージェンシー・モデルを適用した有名作家作品の売上が48%減少したことを明らかに

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Amazon社(本社:米国ワシントン州)によると、エージェンシー・モデルを適用した英国の有名作家作品の売上高が48%減少したことを明らかになった模様。

 これは先週ニューヨーク市内で開催された電子出版コンファレンス「Digital Book World」で同社副社長が明らかにしたもの。それによると、先ごろ、英国の人気ミステリー作家Kenn Follett氏の書籍のAmazonでの販売価格を、エージェンシー・モデルへ切り替えた出版社側が7.99ドル(656円)から9.99ドル(820円)へ2ドル(164円)値上げした週に、売上が48%減少したことをあげ、「電子書籍の需要は想像以上に弾力的だ」と述べた。

 同氏は出版社に対して、電子書籍でゲームや音楽業界と同様の低価格化と無料プロモーションの実験を行うよう呼びかけた上で、「書籍が他のメディアと競合していることを認識すべき」と指摘している。【hon.jp】n

問合せ先:米mediabistro.comの報道( http://www.mediabistro.com/ebooknewser/ken-folletts-kindle-sales-dropped-48-after-2-price-increase_b5337

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告