米国の電子書籍業界がついにクリスマス商戦に突入、Amazon・Barnes & Noble・Koboの端末も値引き合戦に

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】今週から米国内ではクリスマス商戦がスタートし、注目商品の一角に見られている電子書籍端末についても、メーカー各社は早々に値引き合戦を繰り広げている。

 たとえば、Kobo社(本社:カナダ・オンタリオ州)は現地時間11月24日、同社が販売する電子書籍端末「Kobo eReader」と電子書籍とのバンドル販売を発表し、実質的な値引きを実施。バンドルされる本は「The Girl With the Dragon Tattoo」などの人気小説が3冊1組で5組用意されており、好きな1組を選ぶ。「届いたらすぐ読み始められる」とプレゼント用に推奨している。

 一方、AmazonとBarnes & Noble社はそれぞれ、数量限定で整備済み中古品(返品在庫)の「Kindle」「Nook」を80〜100ドル(約6,500円〜8,300円)以下で放出し始めており、激しい値引き合戦に突入している。【hon.jp】n

問合せ先:Kobo社のプレスリリース( http://blog.kobobooks.com/2010/11/24/bundle-up-this-winter-with-kobo/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /