電子ペーパー最大手の台湾PVI社、中国の電子書籍販売サイト・出版社と提携へ

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】台湾Digitimes.comによると、E-Ink社などを傘下に持つ電子ペーパー最大手のPrime View International社(本社:台湾台北市、以後PVI)は現地時間の19日、中国の電子書籍販売サイト大手「Fanshu.com」などと提携することを明らかにした。

 記事によるとこの提携はPVI社の中国工場建設に伴うもので、電子書籍ハードウェアのトータルプラットフォーム構築に向けて、電子書籍販売サイト大手「Fanshu.com」を運営する方正集団(本社:中国北京市、英語名:Founder)と大手出版グループの鳳凰出版伝媒集団(中国南京市、英語名:Pheonix Publishing & Media Network)と提携する。

 方正集団は北京大学系の電子出版システム大手で電子書籍ファイルフォーマット「Apabi」の開発元としても有名。一方の鳳凰出版伝媒集団は、日・米・欧の主要出版社とも取引関係にある輸入書翻訳が中心の出版・印刷コングロマリット。【hon.jp】n

問合せ先:DIGITIMES.comの報道( http://www.digitimes.com/news/a20100419PD215.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ