シャープ、「NetWalker」シリーズにペン入力モデル「PC-T1」追加、XMDF電子書籍も標準対応

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】シャープ株式会社(本社:大阪府大阪市)は19日、同社が販売中の超小型ネットブック「NetWalker」シリーズの新モデルとなる「NetWalker PC-T1」を発表した。

 NetWalkerシリーズは、Linuxを搭載した超小型インターネット端末で、メールソフト・Webブラウザーなどを行なうための基本的なネットアプリケーション群を搭載。今回発表されたPC-T1は、同シリーズでは初めてペン入力を前提とした文庫本サイズのハードウェアとなり、5型WSVGA(1,024×600ドット)液晶ディスプレイを搭載しながら280グラムという重量を実現。さらに、先月オープンしたNetWalkerシリーズ専用の電子書籍販売サイト「NetWalkerライブラリー」のXMDF電子書籍も購入・閲覧できるようになっている。

 発売は5月下旬となる模様で、店頭予想価格は47,000円前後。【hon.jp】n

問合せ先:NetWalker PC-T1の商品ページ( http://www.sharp.co.jp/netwalker/pct1/index.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ