日本出版学会が4月24日に春季研究発表会、電子書籍に関する特別シンポジウムも開催予定

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】日本出版学会(本部:東京都文京区)は4月24日に、2010年度の春季研究発表会を開催する。

 開催場所は東京経済大学・国分寺キャンパスで、9時半から開場。参加費は3,000円(会員は1,000円)となっている。電子書籍関連では、特別シンボジウム「電子書籍産業の検証—コンテンツ流通,デバイス,知財ビジネス」が開催される予定で、出席するパネリストは佐々木隆一氏(モバイルブック・ジェーピー)、桑田良輔氏(プロジェクトファーイースト)、村瀬拓男氏(弁護士)、植村八潮氏(東京電機大学出版局、司会)となっている。

 参加には事前にメールでの申込みが必要。なお、日本出版学会は、出版に関する調査・研究を行なっている団体で、大学生や社会人であれば誰でも入会することができる。【hon.jp】n

問合せ先:日本出版学会2010年度春季研究発表会の概要( http://www.shuppan.jp/event/event10S.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ